事業をもちこたえさせるために

こんばんは、およそ1年ぶりのアップです。

ブログを継続することの難しさを実感しました。意欲だけは忘れて
おりませんの、月に1度はアップしていこうと思っております。

さて、

先日、北海道出張の際に余市蒸留所を見学してきました。

ニッカウヰスキーの創業者であり、日本の本格ウイスキーづくりに人生を賭けた竹鶴政孝さんが

作った蒸留所です。

ウイスキーに対する愛情はもちろん、そこには彼の気迫と情熱が溢れておりました。

その中で特に印象深かったのが、

彼は最初からウィスキーを作るつもりはなかったこと、それゆえに「大日本果汁株式会社」という

社名の会社を作り、ウィスキーを作る仕事には何年か先を目標にする気長な事業である

ことを分かっていたため、熟成するまでに事業が持ちこたえられるかどうかに成否がかかっていた。

そのために、まずつくればすぐに売れるジュースを販売しながら経営を軌道に乗せ、その間に

ウィスキー作ることに専念することでした。

豆知識ですが、ニッカとは日本の「日」と果汁の「果」を略して「ニッカ」にしたそうですよ。

先日、20代の経営者の開業相談を受けました。

その際に上記のことが思い出されました。

自分の事業が成功するかどうか、売上につながるまでには、事業として何年持ちこたえられるか

であると。

どんなに良いサービスでもそのサービスが世間に周知されるまでには

時間がかかりますし、ましては、売上につながるまでにはどれだけ時間がかかるか

わかりません。

ですが、信念だけでは会社は潰れてしまいます。

事業を成熟させて売上につながるまでに、事業計画を作成し、資金繰りやファイナンスのお手伝い
をして、少しでも長く事業に専念できるようするのが経営上必要なの「守りながら攻める」の
管理部門の役目であると思いました。












 





コメント
コメントする