スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.06.10 Saturday
  • -





飲食店の開業

 こんばんは、

夏場も後半ですね。お盆も終わり来週からはまた仕事モードです。

今回は飲食店の開業の際の資金調達において知っておいてほしいことです。

資金調達においては、飲食店に限らず創業期の会社にとっての融資先は

原則、昨今は次の2通りの方法しか原則ありません。

1、日本政策金融公庫からの借入

2、保証協会を通しての金融機関からの借入


ここで知っておいて頂きたいのが、1は保険所の許可を得ていなくても借入が可能なことです。

保証協会は営業許可を得てからでないと申込及び保証承諾ができないということです。

つまり、そもそも飲食店を開業する際には店舗の賃貸借契約を結んでおき、その場所で営業許可の

申請を提出する必要があります。

しかし、店舗の賃貸借契約を行うには敷金や前家賃など多額の金額が必要になります。

営業許可を申請できるのは賃貸借契約を結んで、物件を押さえてからということになります。

そのため、保証協会を通しての申込の場合には保証金や前家賃までの融資をお願いすることが

出来ないということです。

これに対して、日本政策金融公庫の場合には営業許可の取得の時期については

融資の振込後であっても構わないということです。

飲食店を開業する際に、ある程度の開業資金が全くない場合には、日本政策金融公庫

融資に頼らざるを得ないということですの、この点は留意して開業準備を行ってください。





スポンサーサイト

  • 2017.06.10 Saturday
  • -
  • 00:53





コメント
コメントする